カテゴリー

  • カテゴリーなし

葬式の形態の1つ

家族葬とは、葬式の形態の1つになります。
基本的に、近親者のみで行う形のものであるため、部外者が来ることはありません。

葬儀の内容的にはほぼ変わりありませんが、伝えられた身内のみの参加となるため、少し少なめの人数となるはずです。
また、弔問を受け付けることはありませんので、葬儀的にも慌ただしくなることはありません。

この家族葬のメリットはいくつかあります。
まず、身内のみで行うものであるため、来客や弔問客に気を使う必要はありません。
そのため、故人との別れのみを考えることが出来ます。

2つ目は、費用節約です。
普通の葬儀になりますと、弔問客を想定とした係員等を配備する必要があります。
また、音響等の設備も大規模な葬儀には欠かせないものになっています。
しかし、家族葬は身内のみで行うものであるため、そのような人員や設備は必要ありません。
そんため、費用を節約するという効果が非常に高いものとなっています。

このように、家族葬のメリットは金銭的なものと精神的なものになります。
身内が亡くなった後に、弔問客等に気を使うというのは非常に大きな負担となってしまいます。
また、葬儀等は非常に高いものであるため、普通に行うと大きなお金がかかってしまいます。
そのため、最近では家族葬という形が、主流になりつつあるようです。

イチ押しリンク

カレンダー

2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031